« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月25日 (水)

今年も9月半ばまで泳げそうです

お盆を過ぎると海水浴場は少しずつすいてきますが、

9月には駐車場も安くなったり、無料になることもあり、

休みが取れるのであれば、まだまだ海水浴が楽しめます

おととし、昨年と9月後半まで泳いでいたので、

今年は台風も少なく、まだまだ泳げそうです。

写真は爪木崎灯台の海で8/15のお昼ごろです。

ブログの更新はできなかったのですが、

送迎の合間に写真は撮っておきました

Dsc_1510_4

こちらは8/18  テントや車の数も減ってきました。

Dsc_1527

少し曇りでしたが 8/18の九十浜もまだにぎわっています。

Dsc_1526_2

8/23  11時ごろの爪木崎です。

潮が引いてきていたので、波も無くおだやかです。

Dsc_1549

伊豆急下田駅では、駅弁などの楽しみもありますので、ご紹介。

金目鯛押し寿司は840円

Dsc_1534_2

駅で干物をお土産に買ったり

焼き金目弁当が1000円など、それほど高くはないので、

いかがでしょう。

Dsc_1535_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

台風の影響もそれほどないようです

九十浜(くじゅっぱま)海水浴場

車だと3分 徒歩だと坂道があるため20分みてください。

須崎御用邸の敷地の脇にあり、遠浅で白い砂浜、波はおだやかです。

魚も見られます。

もうお帰りになりましたが、

今月は皇太子さまたちがとなりのプライベートビーチにきてました。

写真左側へ行くと御用邸の土地です。

Dsc_1488

ビーチまでは坂道か階段になります。

Dsc_1501

爪木崎灯台もにぎわってます。

初めて来るかたにはこちらの爪木崎がオススメです。

波は穏やかで、磯遊びと海水浴の両方が楽しめる。

シャワートイレ、軽食のある売店もあります。

ペンションからは、九十浜を通り過ぎて

その先の行き止まりが爪木崎灯台展望台になります。

駐車代は1500円、

売店で買い物するぐらいなら駐車代は取られないので、

係員に言えば、海水浴場の様子を見るぐらいは許可してくれるでしょう。

九十浜も駐車代は1000円。

Dsc_1495

車で下までおりて荷物が降ろせます。

空いてれば下に駐車も可能。

8/7に撮影・・・

送迎の合間に撮影してますので、遠目からですみません。

Dsc_1460_3

潮が引いてるときですが、のんびりしたいかたにオススメです。

魚の種類も多く楽しめるでしょう。

Dsc_1497

8/12 多々戸浜も波は高めで、うねりはありますが、台風も行ってしまったので、

明日以降は落ち着くでしょう。

多々戸浜まで、車で15~20分。

サーフィンなら多々戸浜か入田浜あたりがオススメです。

Dsc_1507

少し時間が有るときにブログは更新します

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

土曜日はやはり混みます・・

送迎のついでに海の混み具合を見てきましたが、

平日に比べて、土、日は混みあいそうです・・

10:52分、爪木崎灯台の海辺ではテントを広げて1日のんびりするつもりのようです。

Dsc_1453_3

12時ごろには上の駐車場も6割うまってきてますが、

写真右側にも50台ほど止まれるので、」大丈夫でしょう。

Dsc_1474

下の駐車場も大きめの車が多いようです。

Dsc_1454

爪木崎は波もあまりないのんびりしたいお客様向きです。

魚の種類も多く、潮が引けば磯遊びもできます。

Dsc_1458

潮が引くともう少し岩場が広がります。

Dsc_1456

・・・同じ時間ですが、こちらはまだまだ穴場。

上の爪木崎の海辺から50m~100m離れただけで、

こんなところもありますので、人が少なくてゆっくりしたいかたは、

こちらがオススメ

Dsc_1469

水質も良好!少し沖にある岩場で波はさえぎられて穏やかな海辺です。

Dsc_1471

白い砂浜で遠浅で波が少しあったほうが・・・

というお客様には九十浜(くじゅっぱま)がいいのですが、

浜辺は小さめなので、土曜日はかなり混みます。

Dsc_1476

Dsc_1462

送迎の合間に撮ったので雰囲気だけですが、

7/31はこんな感じです。

ブログの更新も基本的に夜中です・・・(-.-)zZ

・・・AM4:00なので寝ます・・

天気や日の出、潮の満ち引きは前回のブログのURLを参考にしてください。

天気はしばらくいいでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »