« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月30日 (火)

海水浴を安全に楽しんでいただきたいので、注意をいくつか。

以前からお客さんには注意していたのですが、

離岸流に十数人流され1人死亡 下田・白浜

http://www.at-s.com/news/detail/100056919.html

常駐のライフセーバーが前日までだったこともあり、8/29に起きてしまった事故です。

片付けのため、残っていたライフセーバーが29日も周辺に居たことは不幸中の幸いでした。

写真は偶然28日の夕方に白浜で撮影したものです。

Dsc_1048

Dsc_1049

28日のこの時点で波は1.5~2mあり、

遊泳注意の(イエローフラッグ)と遊泳禁止(レッドフラッグ)の判断が必要な状態。

台風の影響もあり、うねりもではじめ、

私なら足が付く場所までです。

これだけの波があれば、足が海底に付かなくなった時点で、体の自由が利きません。

波と流れに持っていかれます。

また、離岸流は毎日決まった場所ではなく、潮の流れや天候で移動もし、幅も変わります。

だから、大きな浜辺にはライフセーバーや監視員が必要です。

離岸流の見分け方は、数分見ていないとわかりません。

波打ち際に渦が出来ていたり、浮いている泡の流れ、ゴミのたまり方、

多少、濁りがあれば、濁り方を高い所から見るなど、

たまたま海水浴に来たお客さんが見つけるのは困難です。

◆もし、離岸流につかまってしまったら、

浮き輪やボードがあるなら(無い場合でも)、落ち着いて流されながら、様子を見ます。

50mくらい岸から離されるのは覚悟してください。

体力と体温の維持が大切です。

だんだん流れが弱くなるので、岸ではなく、横に逃げるように泳いでください。

横へ泳いで、沖へ持っていかれなくなったら、岸を目指してください。

夏といっても、海中を漂っていられるのは、1時間半くらい。

それ以上はラッシュガード着ていてもオススメしません。

海水浴なら、30分~1時間以内に一度、海から出て体を温めて休めてください。

Dsc_1041

Dsc_1045

爪木崎の28日の様子はこんな感じです。

波は外側の岩場で打ち消され、湾内ならプカプカしていられます。

爪木崎で離岸流はありません。

沖まで行かないことと、岩場での遊びを気をつけるぐらいです。

海水浴は体調を整えて、天候や海の様子を見ながら楽しんでください。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2011年8月18日 (木)

お盆も過ぎましたが、今年も9月半ばまで、泳げます・・・泳ぎます

8/16

九十浜への送迎ついでに撮って見ました。

Dsc_1024

お客さんはAM10時でももうくつろいでますね。

Dsc_1023

こちらは九十浜からさらに300mほど先へ進んだ爪木崎灯台。

透明度は悪くないかな

Dsc_1015

水の濁りはそうでもないのですが、

今年は7月終わりの台風の影響もあり、海草が岸に寄りやすくなっています。

白い部分は砂地、黒い部分は岩か海草・・・

Dsc_1020

シュノーケリングができるなら、こういった岩が点在する場所がお魚が住み着きやすく

楽しめるでしょう。

周辺ならこの爪木崎か九十浜、恵比寿島がオススメです。

Dsc_1018

オススメの海は?と聞かれることがありますが、

人が多いとどうしても砂地の海水浴場は濁りやすいです。

濁りにくい浜辺もありますが、そういうところは、波があるか、流れがあります。

離岸流など流れにのって濁りも減るからです。

50mくらいはあっという間に流されるので、気を付けましょう。

ただし、そういうところは、ライフセーバーが必要ですし、注意しなければなりません。

爪木崎や九十浜はそういう流れや波が少ない分、人が増えると濁ることがあります。

いい面もあれば、悪い面もあるので、あとはお客様の希望をお聞きしてオススメします。

波が少なく魚を見たいなら、爪木崎、九十浜、恵比須島あたり、

波遊びしたいなら、入田浜、吉佐見など、あとは人が多くても・・・という方なら、

どの浜辺も良いかと・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

ここ数日、いい天気が続いてます

ゲリラ豪雨なども無い伊豆です。

去年に比べ渋滞は少なめなようですが、

お盆はどうでしょう?

Dsc_1005

いつもきれいな九十浜も人が集まると濁ります。

浜辺近くから離れるにしたがって、澄んできますが、

人が巻き上げた砂で濁るため、岩場のほうは濁りにくいです。

爪木崎灯台も同様に、真ん中の湾内は人が集まると濁ります。

シュノーケリングが出来るなら、

岩場で魚を見ながら泳ぐシュノーケリングがおすすめです。

Dsc_0969

今年もペンション周辺にはカブトムシやクワガタが飛んできています。

Dsc_0987

海までの道でカニも出てきています。

Dsc_1002

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

駿河湾で地震もありましたが、

グラスも食器も割れることなく、被害は無し。

震源地が伊豆でも裏側の西伊豆沖ということもあってか、

下田の町内でも被害報告は無し。

しばらく様子はみますが、うちは津波が届くような場所でもなく(海から50m以上の高台なため)

溶岩地帯なこともあり、土砂崩れや地盤沈下も起こりにくい場所です。

避難場所は浜崎小学校、徒歩10分で御用邸のほうが近いのですが、

さすがに避難場所にはしてくれないのかなぁ・・とは思います。

土地柄津波の心配はあまり必要ないところです。

Dsc_1387

高台に逃げやすいので(^^;

ただし、危険回避という意味ではキャンセルも出るのかなぁとは思います。

不安な点がありましたら、ご連絡ください。

>>>>>>>>>>>>>>>

ペンション花帽子

静岡県下田市須崎1332

0558-23-1722

hanaboushi@live.jp

>>>>>>>>>>>>>>>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »