« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月29日 (金)

弓ヶ浜海水浴場 海開きに向けて準備中

下田・南伊豆でも1.3kmの砂浜はここだけでしょう。

もちろんシーズン中は監視員もいて安心。

日本の渚100選にも選ばれ、今年もウミガメが産卵に来ています。

6月に産んだので8月のふ化予定ですが・・・日付まではわかりません。

Img_0822_jalan_120627_2

売店も海水浴シーズンはオープンしてます。

Img_0821_jalan_120627_3

弓ヶ浜の売店「ゆみとぴあ」

Img_0818_jalan_120627

となりには休憩場所と手洗い

Img_0819_jalan_120627

その先は駐車場。ふだんは無料ですが、

シーズン中の駐車場代は1500円になるそうです。

(掃除や管理の関係もあるのでしょう。)

道路をはさんですぐ砂浜になります。

Img_0820_jalan_120627

「ゆみとぴあ」前は波もおだやかで遠浅です。

Img_0937_jalan_120629

13日の弓ヶ浜海開きに向けて売店の設置作業も進んでいます。

海の家は3軒。そのほか食事処が2~3ヶ所。

Img_0815_jalan_120627

台風あとは海草など打ちあげられますが、

Img_0791_jalan_120627

数日で役場や組合の掃除が入ります。

Img_0929_jalan_120629

6月29日は快晴!

Img_0938_jalan_120629

泳いでいるお客さんもいました。

Img_0937_jalan_120629_2

ペンションも夏に向けて準備中。

シャワーや着替えは海の家でもできますが有料になります。

ペンションでもシャワーや着替えはできますので、ご利用ください。

(チェックイン前の着替えや荷物預かりもできます。)

ペンションのレンタル品として。

★夏季レンタル用品
パラソル500円
ワンタッチテント1500円
浮き輪レンタル300円(販売もあり)
シュノーケルセット800円
水中のぞき500円

バーベキューセット4人用2000円~
虫とりカゴ・ケースのレンタル100円 販売200円
虫とりアミ・魚とりアミレンタル200~300円など

冷凍庫利用の場合はビニール袋に入れていただければ、お預かりしますので、

翌朝、凍ったジュースを持って海へ行くのもオススメです。(アイスノンもお預かりできます)

コンビニは海辺には無いのですが、海へ向かう途中、ペンションから2~3分で

日野交差点のファミリーマート、セブンイレブン、西伊豆方面ならサークルkがあります。

現在改築中ですが、7/10ごろにはオープンする

イオン系列のマックスバリューがあります。(営業7:00~22:00)

車で5分以内。

120630_12290001

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

ウミガメも産卵に来る弓ヶ浜海水浴場

うちからは車で約5分。

地図上 2番の弓ヶ浜。

地図上 現在地は道の駅「湯の花交流館」

1番の石廊崎は20分ほどかかります。

Dsc_0512

下田・南伊豆でも1,3km続く 砂浜の海水浴場はここぐらいのものでしょう。

Dsc_0597

見張りのやぐら周辺でウミガメが産卵したそうです。

Dsc_0598

ウミガメの卵のふ化場は別の場所にあります。

Dsc_0614_2

日本の渚100選 

Dsc_0599

海沿いの道路を隔てて右側に砂浜

左側に売店、トイレ、駐車場

Dsc_0600

砂浜が続きゴミも少ない。

Dsc_0604

売店脇には日陰になる休憩場所も

Dsc_0609

ネコも日陰で休憩中。

Dsc_0608_3

南伊豆の下田乗馬クラブでは乗馬体験も。

(外乗・海コース 馬場内30分+外乗30分 前日までの予約で15750円)

Dsc_0229

Dsc_0231_2

弓ヶ浜の左側は遠浅で波もおだやかです。

Dsc_0337

ずっと右側へ進むと多少波はありますが、

ボディーボードや浮き輪で波遊びをするぐらいならいいでしょう。

Dsc_0611

弓ヶ浜の右側のほうは青野川の河口になります。

Dsc_0612_2

リードをつけていればワンちゃんもOK。

Dsc_0615

Dsc_0618_6

鏡はないけれどこんなツーショットもありでしょう。

Dsc_0619

ウミガメやきれいな砂浜を守るためにもゴミは持ち帰りマナーは守りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

振る舞いきんめ寿司・あら汁サービス!第3回きんめ祭り、行ってきました

下田公園のあじさい祭りと同時期に開催

今年で3回目「下田きんめまつり」

6月1日~6月30日

産卵前の6月7月は特に脂がのっています。

振る舞い寿司はワサビ抜きも用意されているので、お子様にも好評です。

Dsc_0568

曜日は海の朝市も開催中。8:00~11:00

(7月・8月・9月と年末年始休み)

きんめの開き

Dsc_0560

きんめの煮付け(お土産屋さんで年中販売中)

Dsc_0578

きんめ寿司

Dsc_0557_2

きんめあぶり寿司

Dsc_0580

きんめ漬け寿司

Dsc_0566_2

ふのりの入った「きんめのあら汁」

Dsc_0576

開国下田みなと1階の真ん中あたり、

お土産屋さんの一角を試食会の会場にしています。

Dsc_0569

ご当地プリクラの前で、

毎年同じ場所です。

ふるまい寿司とあら汁は

9:45~10:30ころまで

250人分のお寿司やあら汁が用意されていて、なくなり次第終了。

・・・実際は少し多めに用意されてますので、・・・でも早めに行ければ必ずゲット!happy01

Dsc_0558

Dsc_0583

開国下田みなとの道路向、写真左側は下田魚市場、朝は水揚げが行われます。

Dsc_0572_2

道の駅1階は駐車場と

005

きんめバーガー(下田バーガー)の食べられるカフェ「ラ・マル」

10:00~17:00

下田バーガー・フライドポテト付き1000円

Dsc_0570

お土産屋さんも1階

Dsc_0567

日曜は駐車場の一部を海の朝市に利用。

Dsc_0562

雨が降ってもOK。

Dsc_0976

1階の漁協直売所

Dsc_0974

和食の定食、料理「さかなや」も1階

10:00~15:00 金目煮定食1500円など

2階は地魚回転寿司の「魚どんや」

11:00~15:30 17:30~20:00

地金目2貫1皿 430円

1127

観光協会も2階にあります。

その上の4階はハーバー&カジキミュージアム

大人500円小中250円

下田の歴史と毎年7月末に開催される国際カジキ釣り大会の様子などを展示

金目の水揚げ見学は7:30~9:00ころ(火曜、土曜休み)

090125_1018_00011

毎週 金目鯛が当たる抽選も行っています。

市内飲食店など、加盟店で1000円以上のお買い上げで抽選券1枚もらえます。

毎週50匹 計200匹分。

金目鯛の干物や料理屋さんは金目鯛マップに

写真左が抽選券です。

金目鯛丸々1本が当たったら電話にて連絡がいくので、電話番号は正しく記載を。

Dsc_0591_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

渡し船で行く南伊豆の秘境ヒリゾ浜海水浴場は7月7日からの予定

ヒリゾ浜への渡しは夏季限定なので、

毎年 海水浴のできる7月半ば~9月末。

まだ渡れないので、奥石廊崎のあいあい岬から撮影。

Dsc_0498

写真の島の手前が浜と海水浴場になります。

Dsc_0499

潮の満ち引きで浜辺の面積が変わりますので、

長く遊ぶなら、場所取りは水際でなく、浜辺の比較的高い場所が良いでしょう。

Dsc_0500

渡し船の船着場と架け渡した橋・・・板・・かな。

Dsc_0501

島に近い場所は遊覧船の通り道にもなり、流れが速めです。

多少、泳ぎに自信があっても流されるので、斜めに泳いで逃げましょう。

・・・小さいお子さんがいる場合は目を離さないように・・

Dsc_0502_3

岩場なので、濁りはあまり無く、透明度は高いです。

5mくらいなら見えます。

Dsc_0503

手前にも小さな島がありますが、周辺は5~10mと

海水浴場にしては深いところがあります。

Dsc_0504

あいあい岬は売店が1軒、手前の木造風なのがトイレ。

Dsc_0505

振り向くと、ユウスゲ公園。

http://grand-touring-japan.travel.coocan.jp/touring/specialspot/seaside/shizuoka/yusuge/yusugepark.htm

丘の上にはあいの鐘を前に絶景です。

Dsc_0506

あいあい岬から

さらに西方へ行くと中木です。

ここから渡し船が出ます。

夏季駐車場代は1000円、渡し船が1000円

Dsc_0507

こんな感じの船で3分でヒリゾ浜です。

中学生以上で1000円、4才~小学6年生は500円

Dsc_0508

渡し舟について

http://www.nakagi.jp/tosen/index.htm

県道16号線の「中木海岸」が入り口になります。

Dsc_0509

ペンションからは車で25分前後。

夏はなかなか行けないのですが、過去記事があったので・・

http://yukisannta.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post_c109.html

とことん楽しみたいかたは、

海中散歩のシーウォーカーなども

http://www.nakagimc.jp/nmc_ksp.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

下田のご当地アニメ放送中 「夏色キセキ」

SBSで火曜の25:55~

TBSでは金曜の26:25~など

深夜帯で26時過ぎが多いのですが、下田の景色が出てきます。

1

パンフに載っている階段は

ペリーロードからの下田公園入り口にあります。

Img_6920

あじさい祭り開催中の下田公園からもよく見える「下田富士」

とんがった山です。

下田駅の裏手にあるので、近いのですが、

なかなかの勾配です。

アニメの第一話で空を飛ぶ場面がありますが、

この下田富士の頂上からの風景を元にしたそうです。

236

下田富士の浅間神社の鳥居

Dsc_0473_2

階段はかなり急でした。

Dsc_0496

階段登ったところの神社。

Dsc_0494_3

なかなかのトレッキングコースです

Dsc_0475

景色はこのとおり、駅もよく見えます

Dsc_0479_2

下田湾もよく見えます。

Dsc_0483_2

頂上にも神社がありました。

Dsc_0485

この空を飛べたらさぞかし良い眺めでしょう。

Dsc_0488

寝姿山のロープウェイも同じくらいの高さ。

Dsc_0491_3

頂上までは15分。

アニメに出てくるような「お石様」はなかったけれど、

下田の神社には石にまつわる話も多く、

頂上へ行く途中の社にも石が奉られていました。

夏色キセキの神社やお石様は下田のいくつかの神社や石の言い伝えからできています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

恵比須島の様子と海水浴場情報

伊豆半島の下田から突き出した港町の須崎

爪木崎入り口の信号を右へ下っていけば、

須崎の港です。

恵比須島はさらに先端に位置しています。

Dsc_0406_2

橋を渡れば恵比寿島。

1週10~15分で回れます。

夏季以外は駐車無料。

夏季は1000円(昨年情報)

Dsc_0405

高台から見るとこんな島です。

Dsc_0419

岩場が点在しています。

波は打ち消されてあまり入ってきません。

Dsc_0407

漁師さんの船が出入りするので、堤防や通り道は少し深くなっています。

Dsc_0408

Dsc_0410

漁船の通り道は水深1.5~2mほど

他は岩場で50cm前後の場所が多いです。

Dsc_0413

Dsc_0414

散歩中のバーニーズもいました。

Dsc_0418

磯遊び、シュノーケリング、魚が見たいなどはどちらかというと波は無いほうが遊びやすいです。

外浦海岸、恵比須島、爪木崎灯台、九十浜、鍋田浜、ヒリゾ浜、妻良(めら)の海上アスレチックなど、サーファーには不向きですが、波はあまり高くなく、岩場もあります。

外浦海岸:

全体的に砂浜で両側に若干岩場があります。湾の中なので波は高くないです。

夏は売店も出ます。コインシャワーあり。

恵比須島:

ほぼ岩場です。波はあまりありません。時間により潮流が少しあります。コインシャワーもあります。

爪木崎灯台:

高台で眺めもよく散歩にも良いです。砂、砂利の浜辺に海辺ながら芝生が広がっています。岩場も点在しているので、魚も多く見られます。駐車代1500円ですが

必要な設備は一通りあります。

九十浜:

駐車場から海岸までの坂道が少し難ですが、遠浅なきめ細かい砂浜と透明度の高さが魅力です。御用邸のとなりの海水浴場なため、あまり岩場を奥へ進むと御用邸の敷地に入ってしまいます。魚も多く、昨年はタコも獲りました。メイン砂浜は40mと狭めなので、人が多いと砂浜部分は濁ります。駐車代は1000円コインシャワーあり。海辺の夏季限定売店が1軒。トイレ、シャワーもありますが、数は2つです。駐車場脇にもトイレ、シャワーがあります。

鍋田浜:

下田駅から一番近い海水浴場、車で5分。砂浜は50mほど、湾の奥なため波もほとんどありません。両側は岩場があります。

海水浴場でふだん透明度が高いなど紹介された海でも、砂浜であれば、人が多くなれば、濁ります。

岩場であれば、ほとんど濁りません。

爪木崎、恵比須島、外浦海岸なら、周辺散歩もできて、ワンちゃんにも良いでしょう。

このなかで売店など、設備が整っているのは、爪木崎が年間常設の売店が3軒など、

トイレ、シャワーも問題ないでしょう。

今分かる範囲で情報を載せましたが

リクエストがあれば、ブログで紹介しますので

いつでもどうぞ。

伊豆半島の情報ならお答えできると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »